森林セラピーロゴ

トップページ > 認定の森 > 東京都檜原村

東京都檜原村 檜原都民の森 大滝の路

fig_main_hinohara_rn.jpg

東京都の最西端、東京に数少ない村にあるのが檜原都民の森。多摩三山の最高峰・三頭山の中腹、標高1000~1500mに広がり、197万㎡という広大な敷地をもつ。
都民の森は、「出会いの森」「生活の森」「冒険の森」「野鳥の森」「ブナの森」の5つのゾーンに別れ、拠点施設となる森林館のほか、木材工芸館や炭焼き小屋、野鳥観察小屋などが点在し、数多くの植物や野生生物が生息する。いくつもの散策路があるが、セラピーロードに指定されているのが「大滝の路」。都民の森の中でも一番勾配が少なく、ウッドチップが敷き詰められた安心設計。途中にある展望台からの眺めもよく、終点には落差35mの三頭大滝が落ちている。

問い合わせ先 檜原村観光協会 042-598-0069
公式HP 檜原村観光協会
認定 2007年3月
森林 混交林
代表的な樹種 スギ、ヒノキ
ロード数 1(うちバリアフリーロードなし)
お申込み・お問い合わせ
名称 標高 レベル 歩行時間 歩行距離
大滝の路 最高1100m 最低1040m らくちん 30分 1.0km
都民の森入り口部の森林館から三頭大滝に至るコースで、ロードにはウッドチップが敷き詰められていて歩きやすい。途中に見晴らし台が2箇所あり、三頭大滝と都心を眺望できる。電動車イスのレンタルも行う。
日帰りコース(モデルプラン)
料金:¥5,000~¥6,500(実施内容により変動します)
9:00武蔵五日市駅集合
→9:15地域交流センターでガイダンス
→ガイドウォーク(都民の森内)
→12:00 昼食(森林館)
→ガイドウォーク(大滝の路)
→温泉入浴(温泉センター数馬の湯)
→16:30武蔵五日市駅解散
1泊2日コース(モデルプラン)
料金:¥23,000~¥24,500(実施内容により変動します)

一日目

→10:00 武蔵五日市駅集合
→地域交流センターでガイダンス
→ガイドウォーク(払沢の滝)
→12:00 昼食(四季の里)
→ガイドウォーク(神戸岩)(※又は、きのこ狩り体験)
→ガイドウォーク(重要文化財 小林家住宅)
→村内の旅館に宿泊

二日目

→9:00 宿チェックアウト
→ガイドウォーク(都民の森 大滝の路)
→12:00 昼食(森林館)
→檜原温泉センター「数馬の湯」で入浴
→15:50 武蔵五日市駅解散
施設

檜原村地域交流センター

檜原村地域交流センターの1階には檜原村観光協会があり、観光客やハイキングのビジターセンター的役割を果たす。2階では村民と観光客のふれあいの場である「森の学校」という体験教室が毎月開催されています。森の学校で体験できる教室メニューは、以下の通りとなります。

うどん教室¥1,300 (5人前)
こんにゃく教室¥1,500
おやき教室¥1,500
パン教室¥1,500
そば教室¥2,000 (5人前)
里山料理教室¥2,000
手もみ紅茶教室¥2,500
みそ教室¥2,600(樽代・保管料別)
※上記の体験教室は2018年10月現在開催されている内容となります。
※その他に「ゆずジャム」「ルバーブジャム」体験教室を企画中です。
電話:042-598-0069
営業:9:00~16:30
定休:無休(年末年始を除く)
温泉

檜原温泉センター数馬の湯

fig_sub_onsencenter_rn.jpg 兜造りの民家が点在する数馬地区にある日帰り入浴施設。ジャグジー風呂、圧注浴風呂、薬湯露天風呂、打たせ湯、サウナなど浴槽の種類も豊富。湯上りはマッサージ機を備えたリラクゼーションルームでくつろげば、疲れも吹き飛ぶ。 そばや釜飯のほか、セラピーメニュー1500円~(要予約)もそろう大広間の食事処を併設する。


電話:042-598-6789
営業:10:00~20:00(土・日曜・祝日は~21:00)
定休:月曜(祝日の場合は翌日)
料金:800円
セラピー弁当

檜原村セラピー食

hinohara_gohan_rn.jpg





1.檜原ジャガイモとのびる味噌
(檜原村独特の食べ方をアレンジしました)
2.みょうがの酢漬け、大根のゆず味噌添え
(檜原特産の柚子味噌をご堪能ください)
3.合鴨ロースの柚子ジャムソースと刺身こんにゃく
(大事に育て上げられた合鴨を農場から直接提供していただきました。リノール酸は身体に大変良いとのことです)
4.檜原舞茸と薬膳の天ぷら盛り合わせ
(お茶の葉、竹の子、舞茸、他)
5.発芽玄米御飯
(健康を考えれば玄米に行き着くのだそうです)
6.焼き竹の子とほうれんそうのお味噌汁
(香ばしい焼き竹の子を自家製味噌でお楽しみください)

おみやげ

fig_sub_syochu_rn.jpg
檜原村の特産品はジャガイモとユズが代表格。これらを使ったじゃがいも焼酎「HINOHARA」やゆずワイン、ゆずジャムなどがみやげに喜ばれている。このほか、草餅のおやきやマイタケ、コンニャク、豆腐など、里山の素朴な味が名産として知られている。

歴史と伝統

fig_sub_shiryokan_rn.jpg
檜原村郷土資料館は、縄文から近年までの歩みを知る歴史と民族コーナーをはじめ、自然と観光コーナーなどがある。村の暮らしを偲ぶ養蚕や民具の展示が興味深い。
電話:042-598-0880
営業:9:30~17:00
(12~3月は10:00~16:00)
定休:火曜(祝日の場合は翌日)
入場無料

体験施設

fig_sub_taki_rn.jpg
「日本の滝百選」の一つで、冬の氷瀑で有名な払沢の滝、高さ約100mの大岩壁の神戸岩、紅葉の名所になっている秋川渓谷など、美しい自然景観が点在する。